Permalink

0

妊娠線を予防するクリーム・オイルについてのポイントまとめ

妊娠線を予防をするためには?

妊娠線とは、妊娠中にお腹が大きくなることによってお腹・太もも・おしり・胸などにできる線のことです。線といっても、キレイな一直線ができるわけではなく、ちょっと黒っぽいような紫色っぽいようなクネクネしてる、シワのようなものが多いです。いやですよね。。。

クリームなど妊娠線予防のために対策をしていても、できてしまう方とできない方と分かれるので、体質も関係があるようです。ですが、できるよりはできないほうが良いですよね><

今回は一般的な予防方法とされているクリーム・オイルについてまとめてみました。

何で妊娠線ができるの?

妊娠が進むにつれて、お腹が大きくなりますが、皮膚がその伸びについていけず妊娠線ができます。成長期によくできる線のようなものですね。急激な体重増加に注意することも予防法の一つです。

いつからクリームなどは使うの?

  • 妊娠初期から使用しても問題ないですが、においが気になる方はつわりが治まってから使用しましょう。
  • 妊娠初期から中期にかけて、徐々に体型が変化する時から使用すると良いようです。
  • 既にお腹が大きくなり始めてからだと、皮膚がもう伸びているので、早めがよさそうです。

クリームORオイル?

これは好みの問題だと思います。オイルのほうがさっぱりしてて好き、クリームのほうが保湿感があって良いなど好みで決めましょう。

オイルのほうが柑橘系などの香りが付いているイメージがありますが、私は妊娠線用の薬用クリームを使っていました。結果、一人目の妊娠の時は妊娠線は出なかったのですが、二人目は男の子でお腹が前に結構突っ張ったせいか出来てしまいました。

塗るタイミングと場所

  • 妊娠線が出やすい場所全て塗って大丈夫です。お腹全体(胸の下あたりまで塗りましょう)、胸、太ももなど気になる場所は塗っていきます。
  • 皮膚が乾きやすいお風呂上がりがオススメです。乾燥していると皮膚が硬くなり妊娠線ができやすくなります。
  • 回数はクリームまはたオイルに記載してある回数を目安にしてください。
  • ※注:子宮に刺激を与えないようにやさしくマッサージしてくださいね

画像提供:足成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.