Permalink

0

妊娠中・妊婦さんのカフェインの摂取のポイント

妊娠中、カフェインをどれくらい取っていいの?

妊娠中に妊婦がカフェインの摂取を控えたほうが良いということは良く知られていることですよね。

ただ、どのくらい控えたほうがいいのか、どのくらいなら飲んでいいのか、何を飲めばいいのかという疑問についてまとまった情報が分からなかったので、今回調べたことをまとめました。

主な飲み物に含まれるカフェインの量

以下がカフェイン含有量の多い飲み物です(100mlあたり)。お茶でも種類によってカフェインが多いものと少ないものがあることが分かります。玉露は特に量が多いので妊娠中は控えたほうが良いようです。

  • 玉露 約160mg
  • コーヒー 約60mg
  • 紅茶 約30mg
  • ウーロン茶 約20mg
  • 煎茶 約20mg
  • コーラ 約10〜13mg

コーヒー・紅茶はどのくらい飲んでいいの?

妊娠中、私が一番気になったのはこの問でした。結論としては、コーヒは1日1杯、紅茶は1日2−3杯ならOKです。

妊娠中にオススメのノンカフェインのお茶

次のようなお茶があります。また、玄米茶は煎茶よりもカフェイン量が少ないのでオススメですよ。

  • 麦茶
  • ハーブティー ※妊娠中に避けたほうが良いものがあるので要注意。良く見かけるレモングラス、ローズマリーも含まれていて、こちらが参考になると思います。

画像出典:足成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.