Permalink

0

子どもの鼻血の止め方 ポイントと原因

子どもの鼻血って不安になります

自分が鼻血が出た場合はしばらく静かにしていれば止まる鼻血も、子どもの場合は別モノですよね。全然おとなしくしてくれない・・・。また、頻繁に鼻血を繰り返す場合は、重症な病気などではないか?と不安になる方も多いと思います。

うちでも、朝起きたら鼻血が出ててお布団が汚れている、というのはよくあります。

今回、ジタバタして突然の鼻血にびっくりする子どもの鼻血の対処方法をまとめてみました。

鼻血の止め方のポイント

1. 子どもに「鼻血を一緒に止めようね」と伝える

「鼻血だ!大変!!」ではなく、「あら、鼻血ね〜久しぶりね」というような余裕を持った第一声を子どもに掛けます。

最初はびっくりですし、赤い血は子供にとってもちょっとした衝撃なので、大人が大丈夫感を演出してあげましょう。初めての時はわたしも慌てちゃいましたけど。。

2. 絵本または動かずに遊べるオモチャを用意

パパっと近くにあるオモチャを用意します。

3. 子どもを座らせて斜め下を向く

出血部位を心臓より上にした方が、血が出にくくなります。また、上を向いてしまうと、鼻血が逆流して喉へ流れてしまうので、斜め下を向きやすいようその場で、またはイスに座らせましょう。

上を向いて首の後ろをトントンするのはダメです。

4. 鼻血が出ているほうの鼻を押さえる。ティッシュを鼻の下に置く

やや強めに押さえて圧迫させます。また、ティッシュなどで出てくる鼻血が落ちないようにします。どちらの鼻から出てるか分からない場合は、両鼻押さえましょう。血を止血する方法として出血部位を圧迫することは一般的な対処方法です。※この時子どもは口呼吸させます。

5. この状態で5分間

血が止まるまでは5分程度必要だと言われているようです。同じ姿勢を5分間保つことは小さい子どもにとっては大変なことですよね。そんなときはあらかじめ準備した絵本やその場で遊べるオモチャを渡し、膝に座らせて抱っこしながら遊ぶと良いと思います。

6. 余裕があれば、鼻の上を冷やす

目と目の間のおでこを冷やすと鼻血が止まりやすくなるようです。

親の心構え

上に挙げた鼻血を止める方法も大事ですが、まずは親が落ち着いて対応することが重要です。親の動揺な子どもを必要以上に不安にさせますので、まずは自分が冷静な気持ちになりましょう。

子どもの鼻血の原因

子どもの鼻血の多くの原因は「鼻くそほり」です。風邪や鼻炎など何らかの理由で鼻の中が痒くなり、無意識にほってしまうことが多いようです。かわいすぎます。

こんなときは耳鼻科へ

次のような鼻血が出た場合は、念のため病院を受診しましょうね。

  • いつまでもダラダラと鼻血が出ていて、なかなか止まらない
  • 漫画のようにドバー!!といっぺんに沢山の鼻血が出る

画像出典:足成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.