Permalink

0

[9] ワーキングマザー歴3年目の家での家事・料理の時短について

二人の子どもが生まれたら家事とか働きながら子育てをする感じが変わりました

二度目の産休・育休を終え、今年4月に職場復帰しました。出産する前は子ども一人も二人もたいそう変わらない、というより何がどう違ってくるのか良く分かっていなかったのですが、一言で言うと全然違う!

上の子の赤ちゃん返りの大変をはじめ、家の中が整う瞬間が全くなかったり、細かいことを言い出せばきりがないですが色々違いました。そして、それは普段の家での生活もそうですが、仕事でも二人いることの難しさも(もちろん面白さも)あります。

働く女性への注目が高まっている昨今、せっかく二度の産休・育休と復帰を体験したので、誰かの参考になればと思い、今回はこれまでの経験を踏まえて、現在行き着いた家と仕事での時短の働き方やコツなどを共有したいと思います。

今回は家での家事・料理の時短について。次回は仕事場での時短について紹介します。

ポッドキャストもあるので、時間がある方はこちらも聞いてみてください。(夫との対談形式で話しています。ちょっとグダグダで聞き苦しいところもありますが、良かったらどうぞー。)

自己紹介

  • 夫が運営しているクローズドな育児ブログ「ころぐ」のブログを担当している、mamaです。
  • アラサー
  • 本業は大学卒業後に入社したPR会社で(休業期間含め)6年勤めています。
  • 子どもは4才(女の子)と1才(男の子)の二人
  • 両方、産休(数ヶ月)・育休(約1年)を得て、復帰後は時短制度を活用しています。

料理・家事の時短

【朝ごはん】

  • ポイントは朝にパッと準備できて、子どもも自分でパクパクと食べやすいものを!
  • 例えば、おにぎり・ソーセージ&卵焼き、パン、果物、牛乳、ヨーグルトなど
  • 手軽に食べれるものでも栄養あるし、保育園の昼食の給食は栄養満点!なので、家で栄養を細かく気にしなくても大丈夫。
  • でも、やっぱり栄養が気になる方は、具だくさんお味噌汁は前もって作れるのでオススメです。
  • 私は予めちぎってジップロックにいれたレタスでサラダ、ちりめんと×チーズをトーストしたパンの朝食が好きです(笑)

【洗濯】

  • 保育園の汚れものだけ洗濯する。
    全部洗うのと比べると、量が少なくなるので干すのも楽ですし、畳むのもそのまま保育園へ持っていけるので一石二鳥。
  • 夜にタイマーセットして、朝起きたら外に干す(干したい派なので)
  • 帰宅後は洗濯物を中に入れて、夜または翌日の朝に畳み、そのまま保育園バックへ。

【食器】

  • 食器洗い機に任せます。

【掃除】

  • 家の中で1箇所、そこだけを常にキレイな状態にする
  • 我が家はリビングにしました。夕食後はリビングのテーブルで子どもが絵を書いたりすることが多いので、就寝前には必ず片付けさせます。花を飾る、好きなグッズを置くなどキレイにするための工夫を加えると、その場をキレイに保つことへの意識が高まります。
  • 食後にリビングのテーブルの下を拭く(幼い子どもが必ず食べ物を落とすので・・・)

【ポイント】

  • 時短で重要なのは、割り切りを決めることかもしれません。
  • 全てをやろうとすると、子どもや旦那さんに怒りやすくなったり、悪循環につながるので、これだけやる!と決めるのは大切。
  • 毎日やることが決まると、あと何十分で終わるなど時間の段取りもつけやすくなります。例えば、子どもと遊ぶのに「あと5分待って」と言えて、気持ち的にもあと一つの作業を終えれば子どもと気持よく遊べる!となりました。
  • 夫婦で家事の許容範囲を話すのはオススメ。

今回のポッドキャスト収録で改めて私と夫の家事への許容範囲の違いが分かりました。お互い「このラインを超えるとイライラし ちゃう」など予め話し合っておくと、いざ部屋が汚くてイライラしながら片付けているときに、夫の眼も「これが片付けば落ち着く な」などと優しく見守ってくれるかもしれません(笑)

さいごに

次回は仕事編を書きたいと思います。参考になったよ、面白かったという方は「いいね!」「ツイート」等のボタン押してくれると今後の励みになります^^

画像提供:足成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.