Permalink

0

[11]出産祝いのプレゼントで嬉しかったもの、少し困るもの、上の子問題など。

これまでの出産祝いでいただいたプレゼントを振り返ってみました

最近、友人のお家に二人目の赤ちゃんが生まれて、出産祝いを考える機会があったので、これまでの体験を踏まえて、出産祝いで嬉しかった・少し困ったプレゼントをまとめてみようと思います。

夫婦でこの話題について、こちらの「ころらじ」ポッドキャストで対談しています。よかったら併せて聞いてみてください。


もらって嬉しかった出産祝い(赤ちゃん向け)

必ず使う消耗品をアレンジしたプレゼント

【おむつケーキ】

ポップスター2段 おむつケーキ (おむつサイズ:S(おむつ種類:パンパース), ガーデン(男の子・女の子用))★タオルnew ポップスター2段 おむつケーキ (おむつサイズ:S(おむつ種類:パンパース), ガーデン(男の子・女の子用))★タオルnew
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp

赤ちゃん向けオモチャが付いていて、オムツは約20個くらい(ケーキのサイズによって異なる)入っています。紙おむつを使う家庭ならば、もらって困る家庭はいないのでは?事前にオムツサイズの確認は必要かもしれないですね。大きい赤ちゃんだと、規定のサイズよりもさらに一つ大きいサイズのオムツを使っている場合も結構あります。

無くなるけど印象に残るオモチャですね。

幼児の頃や少し成長した頃に使うもの

どちらも赤ちゃんの頃ではないけど、少し成長したときに遊んだり使ったりするものです。その時に使えなくても、もらった側としては嬉しかったですね。

【ブロック】
ブロックのようなオモチャは男女問わず遊べるのでオススメ。兄弟がいる方にもいいかもしれません。

【靴】
これもシンプルなものを選べば、嬉しいと思います。

もらって嬉しかった出産祝い(お母さん向け)

外の世界を味わえるプレゼント

赤ちゃんももちろんですが、周りの方とかぶってしまう心配もあるので、お母さん向けにプレゼントも良いと思います。自分向けのプレゼントなのでお母さんはもちろん喜びます(笑)

【ファッション雑誌や女性雑誌】
出産後は約1ヶ月はお母さんの身体が元の状態に戻るまで、そして赤ちゃんが少し大きくなるまで、家で過ごす方が多いと思います。1ヶ月経ったあともしばらくは家で過ごす時間が長いです。つまり、社会から遮断されている時間ができる・・・。

そんな時に思いがけず嬉しかったのが、ファッション雑誌。バリバリのキャリアウーマン向けのでしたが、社会の風を感じられて嬉しかったです。赤ちゃんが寝ている合間に読んでました。しばらくは同じ雑誌を読み返して、社会人の頃を思い出したりしてましたね(笑)

漫画とかも良いかも?(笑)

【GODIVAチョコレートや今話題の製品】
こちらも外に出れないママには嬉しい、「外の世界」のもの!お家にお邪魔したときに一緒に食べれるし、お菓子が嫌いな女性はあまりいないと思うので、ハズレはなさそうです。

少し困ったお祝いのプレゼント

好みが分かれやすいもの

【赤ちゃん服】
デザートに多くプレゼント用として売っていますし、無難なプレゼントではありますが、趣味が分かれるので難しいです。もらったものを何でも着せる我が家のような家では問題ないですが、決まったブランドが好きだったりする家庭では困ってしまうかも。

【スタイ、食器など必要不可欠なもの】
スタイは赤ちゃんの歯が生え始める時期にヨダレが出るので使いますが、個人差が大きく、あまり出ない子も。また、スタイ・靴下や食器など普段の生活に必要不可欠なものは既にそこのご家庭で購入していることが多いです。

二人目出産後の上の子問題

下の子だけでなく、上の子にも必ずプレゼントを贈りましょう。下の子が生まれたあと上の子はお母さん・お父さんが「取られた」感覚になり、「赤ちゃん返り」を起こしたり、気むずかしくなったりすることが多々あります。上の子も二人目が生まれたことによって「お姉さん・お兄さん」になりました。このことをお祝いしてあげましょう。

【人形用の抱っこ・おんぶ紐】
特に女の子の場合、お母さんを真似て、一緒に外出するときにおんぶ・抱っこができるのでオススメです。

さいごに

出産祝いだけでなく、あらゆるプレゼントは選ぶのが難しいですよね。

私もいつも最終的に無難なアロマ関連、マッサージクリームなどに行き着いてしまうことが多いのですが、少しでも参考になると嬉しいです。

追記:「あらかじめ欲しいものを聞きます」という内容のコメントを頂きました。確かにこれはオススメです!プレゼントがかぶる心配もないですし、とっても合理的ですよね。

画像出典:足成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.