Permalink

0

クラウドソーシングで在宅ワーク?仕事の発注者目線の魅力、受注のコツ、使い方

こんにちは!papaです!

今話題のクラウドソーシングをやってみました!

仕事をしている人の中には、専業主婦の方や産休・育休中の方々が多くいて、決まった時間に決まった会社に出勤することができない人でも仕事をすることができると思い、レポートを書きたいと思います。

今回の内容は、

  • クラウドソーシングって何?その仕組みは?
  • 私が発注してみて感じた魅力や経験談と感想(発注者目線)
  • 効率的に楽しく仕事をゲットして続けていくためのポイント(受注者目線)
  • クラウドソーシングとの向き合い方について考えたこと(受注者目線)
  • 私の今後について(発注者目線)
  • クラウドソーシングサイトのリスト

です。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、Crowd = たくさんの人々・群衆 と Sourcing 調達・発注・業務委託を組み合わせた言葉で、不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態です。

どこにいても、インターネットを介して仕事をやりとりすることができます。

どこにいても、インターネットを介して仕事をやりとりすることができます。

インターネットの普及によって、発注する人と受注する人が近くにいなくても、今までに会ったことがなくても、ウェブ上のサービスサイトを通じてコンタクトをとり、お金を授受できるようになったということで、最近は日本でもたくさんのウェブサイトが立ち上がっています。

クラウドソーシングは日本国内にもたくさんのサービスサイトが有ります。

クラウドソーシングは日本国内にもたくさんのサービスサイトが有ります。

クラウドソーシングの基本的な仕組み

仕事を頼みたい発注者が概要や予算などを記入してクラウドソーシングのサイトに公開すると、仕事を引き受けたい受注者が応募をする、というのが基本的な形です。

パターンは下記のようなものがあります(他にもあるかも)。

  • 仕事を始める前に予算を相談して決めるパターン(プロジェクト型)
  • はじめから金額が決まっていてこなして検収(仕事が出来上がっているかの確認)が済んだら決済が行われるパターン(タスク型)
  • デザインの案件などでは仕事の内容と金額は決まっているけれども沢山の人が応募した中から1つだけ(あるいは複数)だけが選ばれて、選ばれた人のみにお金が払われるパターン(コンペ型)

仕事の内容がかなり細かく決まっており、仕事によって人によって成果物に差異が出にくいもの、たとえば名刺のデータ入力やブログ記事の執筆などはタスク型に、一定のスキルが必要だったり案件によって労力が変わってくるもの、たとえば翻訳や文字起こしなどはプロジェクト型に、デザインやネーミングなどのクリエイティビティが必要で人によって成果物が大きく変わるものはコンペ型に、傾向としてなりやすいようです。

Job-Hubのトップページにある簡単仕組み図

Job-Hubのトップページにある簡単仕組み図

クラウドソーシングのウェブサイトの仕組み

クラウドソーシングのウェブサイトは、とてもよく出来ていてびっくりでした。

システムもとてもよく出来ていて、仕事のフロー(募集、応募者あり、相談中、条件同意、仮払い済、作業中、検収待ち、完了)などのステップごとに画面がうまく工夫されており、今、何をすべきかがとても分かりやすくできております。

クラウドワークスの仕事の進捗と次のステップを示す図

クラウドワークスの仕事の進捗と次のステップを示す図

受注者にはなったことがないのですが、おそらく、(応募中、相談中、相手の仮払い待ち、作業期間、完了)などのステップが分かりやすく表示され、仕事しやすい状況であることは間違いないです。使いにくい、分かりにくくて失敗する、ということはほとんどありあえない仕組みになっています。

条件やお金についてのやりとりは、サイト内のメッセージの仕組みを利用することになっており、質問や条件変更が簡単に行えました。また、一度仕事をしたことのある方は、リストのような形で記録が残り、再度仕事ができるようになっていて、継続的な関係を作るために便利そうです。

私が発注してみて感じた魅力や経験談と感想

今回私がクラウドソーシングを利用したのは、ある動画の文字起こしでした。その結果は、下記のウェブページで見ることができます。

フリーランスや会社の社長など「自分で仕事をする」人たちに話を聞く番組のコンセプトを確認!

仕事の頼み方

プロジェクト方式という、仕事は決まっていて報酬は相談、という形でお願いをしてみました。

募集タイトルは、「《スキル不要!》対談インタビュー動画の文字起こし(10~15分程度、インタビューする人とされる人の計2名が話している動画です)」というものでした。
(あとから思ったけど、「スキル不要」はなくてもよかったのかも。あと、お金の提示は、〜5000円という一番安いものにしていました。)
こちらで確認できます。

勉強とスキルアップのために、実験的に少しお金をかけて重複依頼をしてみました。

今回お願いしたのは、10〜15分の動画で二人で対談しているものの文字起こしです。
あー、とか、うーんと、とかはカットして、「人名+喋ったこと」のセットでずっと書いてもらいます。

動画は3本あり、6名の方に一本ずつ動画を送っています。1動画につき2つの完成品が届きます。
お金も手間も倍以上かかってしまうのだけど、下記のような理由でこうしました。

  • 今後、やりとりの数自体を減らして、こちらも受注者も分かりやすく効率よく進められるように「発注スキルを高める」ための練習がしたい
  • 受注者のオファー金額と、実際の納品物の品質の相関関係を見たい
  • 継続していくものだから、多くの方の納品物の品質を見たい
  • 今後、リサーチや記事の作成をお願いする可能性もあるので、今までの実績にそういうものが含まれている方とコンタクトをとってみたい

ものすごい勢いで応募をいただきました!これじゃあ、単価争い?

募集開始から翌朝までの時点で34名の方に応募を頂いて、金額のオファーは、660円から5000円でした。

思っていたよりもずっと安い金額で、大変驚きました。

最も安い方で660円で、しかもお二人おりました。15%がサービスサイトの取り分となりますので、561円が受注者さんのもとに届く金額になります。

この10倍に迫る金額の差を見ると、やはり5000円は払えないなぁと思ってしまい、2000円以上のオファーの方には、その時点でお断りのメッセージをお送りしました。

この時点の感想は「安価に大量の労働を任せることができる仕組み」というものでした。

一方、受注者の立場からすると、これは本当に大変だな、と。。。

単価競争になってしまって、ほとんどお小遣い稼ぎ程度しかお金にならないのだから、個人にとっても社会全体にとっても、難しい物があるなぁと。

感激!?クラウドソーシングの世界は奥深くて楽しいぞ〜!

ところが、その後、やりとりを進めていく中で、実は粛々淡々とした事務的で冷たい価格競争なだけの世界ではない、ということが分かってきたのでした。

価格での絞り込みを終えた後に候補としていたのは、下記のような方々でした。

  1. 未経験だけれども金額が安い方
  2. 文字起こし実績(サイト内の実績が見れる)が豊富な方
  3. メッセージの内容にこれまでの実務経歴(会社勤務経験や仕事の種類・年数など)が書かれていた方
  4. 「丁寧にやりたい」「スピードに自信がある」「チェックをするのでミスが無い」
  5. 「私にチャンスをください!」「何が何でもやりたいです!」と、私の熱量を超えていて、少し驚かされた方
  6. これまでのクライアントさんの感想などを添えてくれる方
  7. 自己紹介や本名を教えてくれた方(アカウント名ではなく「西川伸一」のような、本当の名前らしいもの)
  8. 動画の時間1分辺りの単価や、今回の仕事についての詳細質問を書いてくれた方

もう本当に悩みました。全体のフローの中でここが一番時間がかかりました。

ですが、色々考えさせられたことがあり、ここに発注者と受注者それぞれが考えるべきポイントがあると思いましたので、ポイントと思ったことを記します。

実績豊富だったり、勤務歴など仕事面での詳細を教えてくれると判断材料になった

これがないと、情報が足りなくてシンプルに困りました。サイト内での実績がない場合、本当に情報がないので、価格しか見ることができなくなってしまうのです。

自己申告でいいので、できるだけ書いてくれていると、考える材料にすることができます。

逆に、サイト内で閲覧できる実績が多かったり、その実績に付いている星(5種目5段階評価)やクライアントさんの感想の文章などの評価が高い方は、安心感に繋がりました。超大事です。

今回の仕事についての詳細な質問や時間単価を書いてくれると話が速い

継続的な案件ということで、1分あたりの単価を書いてくれた方がいました。

今回、再生時間に5分から25分までの幅がある3つの動画が手元にありましたし、今後も動画がたくさん出来る予定ですので、金額が分かりやすくて、次の仕事の話もすぐに始められるため、話が速くて助かりました。

また、募集の文章からは読み取れない仕事の進め方についての質問は、たすかりました。

やりとりを減らすことができますし、こちらの発注スキルの不足を補ってくれるものでした。なるほどと思うと同時に、この方の仕事のクオリティは安心だな、と思うことができました。

(傾向として、こうした方々は、値段の付け方が絶妙でして、払えない金額ではないのだけど、他にもっと安い方々もいる、という感じでありました。)

また、この方々はレスポンスが速かったです。

私の場合初めてのケースで一度に複数の人達と同じような動画についての同じようなやりとりを行うので、1日経ってしまうと、分からなくなってしまうのです。きちんと返事をしようと思うとその方との前日のやりとりを毎回読みにいかなくてはならず、大変でした。

自己紹介や本名など、人物像系の情報を書いてくれると親しみやすくてなんかリアル

育休中であるとか、九州のどこどこに住んでいる、二人の子どもを育てていて退職したけど働きたいので探してたらクラウドワークスに辿り着いた、ですとか、そういう「ひととなり」が分かると、印象に残りました。

本名については、全員が伝えられるわけではないと思いますが、それでもやはり、あるのと無いのとでは印象がすごく違っていました。

それと、今回お送りした動画の内容について、感想を書いてきてくれた方がいらしたのですが、そうするとその方のことは忘れないし、もう一度やってみたいと思いました。

画面の向こうに人間がいるんだ、ということを感じられるのはとてもよかったです。

アイコン大事

サイト内のシステムで利用されるアイコン(Twitterのプロフィール画像みたいなもの)があるのですが、デフォルトのもの(数種類あるので選べるのだと思う)のままになっているよりも、何らかの画像やアイコンになっていると、記憶に残りやすかったです。

クラウドワークスのデフォルトアイコン

クラウドワークスのデフォルトアイコンです。このままだと、アイコンが頭に入ってこないし、全員おなじに見える。

個人的な意見ですが、今回はいらっしゃいませんでしたが、顔写真があったら最強だろうな、と思いました。

ペットの写真、風景写真、何らかのデザインが施されたアイコン、であっても記憶に残ったのですが、仕事をしてくれている、画面の向こうにいるこの人、という印象を強く残すためには、リアルな名前だとか顔写真というのは、今後キーになってくるだろうなぁ、と思いました。

定型的な短文は少し残念 & 過剰なアピールは逆にひいちゃうかも。。。

「お仕事の内容に大変興味を持ちましたので、ぜひお仕事をさせてください」といった定型的な文章や、「どうしてもやりたいんです!!」というような私の熱量をはるかに超えてしまっている文章はちょっと苦手でした。本音が見えないというか、どうしたものかなぁ、、、って思っちゃいましたゴメンナサイ。

最初の文章と金額と情報提供に関するまとめ

ここまで、どういう文章や情報が、発注者としてどういう感想になったのかを書いてきたのですが、以下の2つを感じました。

  1. 普通の面接と変わらない
  2. クラウドソーシングは、ソーシャルになっていく

金額である程度絞られてきたあとは、「自分がどんな人と仕事をしたいと思っているのか」という視点に移りました。

金額にして660円から1500円まで、倍以上の開きはあるものの、クオリティや安心感、自分が一生懸命進めている仕事を手伝ってもらうのだと思うと、その金額の差は(無視はできませんが)小さいものになっていました。

2つ目のソーシャルに〜というところですが、個人が個人のキャラや実績を出していくことで、誰かと(仕事を通じて)繋がる、という点がまさにソーシャル!という感想を持ちました。

一つひとつの仕事が完了するたびに、その評価が数字(星の数)や数行の文章として蓄積していくわけで、その後の発注/受注の可能性に影響していきます。そのひと個人が個人のバリューで仕事をする、という意味ですよね。

出会いとか繋がりとか、小さな仕事を通じてだけど、信頼関係とか何かを形にする作業を共有できるプラットフォーム?

今までは、知らない誰かに丸っと投げて返ってくるだけの、ある意味非人間的なサービスだと思ってたのですけど、これ、人間と人間をきちんとつなげて、大事なのは丁寧さだったり誠意だったり、仕事の内容についての疑問解消などのやりとりだったりして、ほんと素敵なサービスだと思いました。インターネット最高。

楽しく仕事をしていくためのポイント(受注者目線)

もし私が受注者の立場でクラウドソーシングに参加するとしたら、という視点になりますが、下記のようなことに気をつけると、受注数や単価のキープに繋がると思いました。

  • これまでの実務経験やクラウドソーシングでの実績、プロフィールを充実させて信頼してもらうための情報を提供するようにする。情報がないと判断自体ができないのです。
  • プロフィールには現在の自分の状況やなぜクラウドソーシングをしようと思ったのかなど、気持ちや事情なども合わせて書いておく。なんとなく時間が空いている時に小遣い稼ぎ、みたいなノリだと他の本気の人たちに敵わない。
  • プロフィールの画像を用意する。できれば顔写真にしてみる。次がオリジナルのロゴ風なアイコン。その次が自分のお気に入りのものとか動物とか。アニメのアイコンとかはドラえもんであっても印象が(私には)よくないです(著作権が気になる)。
  • 信頼できる相手には自分の名前や住んでいる都道府県を伝える。
  • 定型的で特になんの情報もない文章は使わない。たとえば「お仕事の内容にとても興味があります。丁寧さ、スピード、確実性が武器です。ぜひ私にやらせてください」というのは残念ながらコピペだと思われてしまいます。
  • その仕事(たとえば文字起こし)を以前にやったことがあるならそれを書く。
  • 条件が分かりやすくなるように、単価/時給などを書いておく。継続案件に繋がりやすい。発注者は金額のことを相手に聞くというのは心理的に抵抗があるので、「以前の単価から計算して○○円でお願いできますか?」って聞けるようにしてあげる。
  • 分からないことがあったら端的に質問する。必要なことだと喜ばれます。不要なことだと手間が増えて微妙かもです。
  • 最安値を狙う必要はない。「こんな金額でとれたら丸儲けだぜい!」と思えてしまう金額だと、他の人に勝てない。なので、絶妙ポイントをみつける。自分の魅力が相手に見えてきたら少しずつ単価を上げる。
  • レスポンスを速くする。短くてもいいので。
  • 評価が積み上がっていくことを意識する。時間が無いときや無理しないといけない時には仕事を控えて、マイナスの評価が出ないようにする。
  • 完了報告時に仕事の内容についての感想を添える。楽しかったとか、実は自分はこういう内容に興味があってどうだとか、一文だけでも、感情が入ると喜ばれるし覚えてもらえるし、先方も喜んで返事をくれると思います。
  • 仕事を頑張る。

クラウドソーシングとの向き合い方について考えたこと(受注者目線)

というわけで、上にコツのようなことを書いてみたのですが、ちょっとネガティブかもしれませんが、注意点というか、向き合い方についても考えてみました。

というのは、いくら信頼や共感や安心感、実力が関わる領域が残されているとはいえ、やっぱり価格による競争はあると思うし、厳しい世界だと、ぶっちゃけて言えば思いました。

少し前までのような知人の紹介によって得た仕事とは単価が違います。半分とか、そういう次元のような気がします。だからこそ、発注者がたくさん集まるようになっているのだと思います(私も含めて)。

なので、もしやるとするならば、クラウドソーシングで仕事を請けるモチベーションとして、一生やるための仕事という位置づけにはしないほうがいいかな、と思いました。

一時的に細切れの時間を生かしたい、色々な分野の仕事を行うことで自分が考えたり知見を広めたりするという目的で取り組む、楽しい仕事をみつけて自分の将来の仕事について考える、技術を勉強しながらステップアップで難しい仕事にチャレンジする勉強の場と捉える(htmlコーディングや翻訳など)、といった形が良いように思います。

プログラム開発の案件などでは事情が違っているのかもしれませんが、技術的な障壁が低くて参入者が多い分野の場合は、上記のことを気に留めながら取り組むと将来にも繋がるのかな、と思いました。

私の今後について(発注者目線)

しばらくは使っていこうと思いました。今回うまくやっていけそうだな、と感じた方々と継続的に文字起こしやコンテンツ作りに取り組んでいくと思います。

他には、

  • 1分いくら、みたいなことを書いてくれていた方がいて、大変やりやすかったので、それをこちらから書いてみたいし、文体の雰囲気的なことも伝えれば返ってくることが分かったので反映させたい。また、これからは見本を見せることができるので効率よく出きればと思う。
  • 英訳をお願いしてみたい。僕も割りとできる方だと思うし、妻はさらに上手に英語を使うので、レポートもうまく出来ると思います。
  • YouTubeの動画に字幕をつける作業をお願いしてみたい。この辺になると、誰にでもできることではなさそうなので、マニュアル作りもお願いしてみたい。
  • 海外のクラウドソーシングのサービスも試してみたい。英語で対談したらそれを起こしてもらう、というのをやってみたい。日本の人とのやりとりのような形で関係が構築できるのかどうか興味があります。英語圏だけでなく、東南アジアにも同様のサービスが出てきているので、そちらも試してみたい。
  • 規模の大きなウェブサイトの案件などでも、一部導入するのはありかもしれません。

クラウドソーシングサイトのリスト

ずいぶん長くなってしまいましたが、以上です。みなさんの参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: papa

西川伸一 年齢:32歳 仕事:二児の父。WEB制作、ディレクションの受託をしているかたわら、ころぐの開発と運営をしています。ノビル株式会社代表取締役。 twitter:@shinichiN

コメントを残す

Required fields are marked *.