Permalink

0

[5]夫が家事に主体性と積極性を発揮!?見える化リストや仕組み作りから関わりたいらしい!

さてさて、前回お送りした「夫が家事にかかわらない問題→旦那改造計画」が、少し進展しました。夫が、家事リストを作成し、さらに何か申しておりますのでぜひ聞いてやってください

それと、iTunesへの登録も完了しました〜

夫の主張と要望

夫が言うには、家事をもっとバンバンやるためには、以下のような条件が必要とのことです。

  1. 全体像が見える
  2. リスト化、効率化、システム化を進める
  3. 2のルール作り、仕組みづくりから関わる

たしかに、私がメインの家事担当となっており、すべてを把握しているのは私だけで、夫が受け身になっていたのは確かだと思いますし、そういうところから関わってくれるのはこちらとしても大歓迎です

夫が書いた家事の絵

もっとひどいものが出てくるかと思いましたが、録音前にこっそりと書いていたわりには、なかなか書けてるのではないでしょうか

家事についての紙。

家事についての紙。クリックで拡大します。

分類があるとのことで、

  • 黄緑色:毎日系
  • オレンジ:週に一度、月に一度、一括でやるべきもの
  • 紫:仕組みを整える系
  • 赤:とりあえずパパが担当したいもの

ということで、まとめています。

また彼の感想としては、

  • いつ、何をする、を決めてシステムにしてみたい
  • 何をしていいのかわからないと、考えるのが億劫だから
  • 気がついたらやる、だと全体が見えず終りが見えず、やる気が出せない
  • 場所、タイミングを最適化したい

ということで、やること・タイミング・担当者をすべて決めてリストにすることと、物が置いてある場所を変更したり、生活の中の「ついで」に作業を組み込むという工夫を重ねていくことになりました。

また、作られるリストはいくつかのものにわかれることになりそうです。

毎日ちょこちょこやること

毎日やるものとしては、

  • モノを元の場所に戻す系の掃除(主に、テーブル付近、テレビ付近、書斎)
  • お風呂の掃除
  • 洗い物
  • 食事作り
  • 保育園の準備
  • 買い物
  • ゴミ出し
  • 洗濯

です。こうしたものは、うまく一日のサイクルに組み込みます。

週末などにいっぺんにやるもの

一括でやるものは、

  • エアコン・テレビ裏の掃除
  • お風呂の壁や排水口などの掃除
  • トイレ掃除(今日のリストからは漏れてましたね)

で、こうしたものは週末にやることリストに組み込まれることになります。毎週必ずやるのではなく、一日のはじめにやることを決められるようにします。

夫がやりたいと言ってくれたもの

まずは、これをやりたい、というものを挙げてくれました。

  • 一括系の掃除(エアコン、テレビ裏、お風呂の排水口など)
  • 朝食作り(以前はしてくれていたのです。私の育休の間に習慣から消えてしまいました)
  • ゴミ集め&ゴミ出し

その他のことも、すべて役割の分担を決めていくことになります。ちなみに、洗濯関係はどうしてもやりたくないそうです。

仕組みを整える系

書き出す作業の途中で気になったものがあったそうで、以下のものは改善することになりました。

  • 毎週末のやることリストを作成(すべてをかならず毎週やらなくてもよい。だんだん増えていく)
  • 洗濯物を入れるカゴが今一箇所にまとめられているものを2つにする。
  • 保育園の持っていくもののチェックリストを作る
  • 買い物は宅配と組み合わせて、米・おむつは買いに行かないようにしたい。
  • 夕食作りから、ごはん炊きやサラダ作りを分離
  • ダンボールやペットボトル、ビン・缶は玄関に置くスペースを作り、外に出るときにぱっと持って出るようにする

他にも色々出てくると思いますので、折を見て報告していきたいと思います。

また、便利なウェブサービスやアプリがあれば使って行きたいと思います。

感想

「夫に主導権を握らせる」というのはイイコトのような気がしました。逆にそうでないと、いつまでたっても受け身のままで、やらされてる感を持ったままになってしまうのも、無理のないことなのかもしれません。まだ結果は出ていませんが、これまでになくやる気になっているようなので、しばらく様子を見てみたいと思います。

音楽について

ちょっと夜中にボソボソ話をしていましたら、なんだか暗くなってしまったので、試みにフリーの音楽を使わせていただきました。フリーBGM・音楽素材 MusMusの、桜スキップという曲を使わせていただいております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.