Permalink

0

「今日、幼稚園(保育園)で何があった?」に代わる質問・聞き方を考えてみました

保育園であったことを質問する時に、漠然としすぎてると答えにくい!

「今日、幼稚園で何があった?」という質問が息子に嫌がられていた理由: 不倒城という記事を読みました。

スクリーンショット 2013-02-28 11.32.10

詳しくはリンク先を読んでいただきたいですが、子どもが「今日、幼稚園(保育園)で何があった?」や「今日、幼稚園(保育園)どうだった?」という質問に上手に答えられなかったり嫌がったりしてしまう原因は、「質問があまりにも漠然としていて、大人のようにこちらの意図を察して適した答を返す」ということができないから、ということでした。

開かれた質問

こういう質問を、「開かれた質問」というそうなのですが、なるほど!と思いました。

開かれた質問というのは、話者に自由な応答を促す、具体的な方向性が定められていない質問、のことである筈だ。

彼の頭の中では、「幼稚園で起きたこと」というのは、「色々」としか形容しようがない、非常に雑然とした状態で蓄積されている。それは、友達と遊んだ記憶であり、先生のお話を聞いた記憶であり、歌を歌った記憶であり、お弁当を食べた記憶だ。

「幼稚園で起きたこと」というのはそれら全てを包括した言葉であり、一言で「幼稚園で起きたこと」と聞かれても、彼にとっては「色々起きたこと」について一遍に聞かれているようにしか受け取ることが出来ない、ということだったのだ。

うーむ。。なるほど・・・

具体的な質問を考えてみた!

というわけで、子どもにどんな風に聞いたらいいのか、色々考えてみました!ジャジャジャジャーン

  • 今日の朝のお話は何だった?
  • 今日はなにして遊んだの?
  • 今日のお昼はなんだった?
  • 今日のおやつはなんだった?
  • 今日はだれ先生とどんなお話したの?
  • 今日、◯◯ちゃんと遊んだ?

とかは具体的な方面ですね。もうちょっと抽象的だけど少し絞ってみたいと思います。

  • 今日一番楽しかったのはなんだった?
  • 今日はどんな嬉しいことがあったの?
  • 今日はどのお友達がかわいかった?

とかでもいいかもですね。勉強になりました。さっそく試してみようと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: papa

西川伸一 年齢:32歳 仕事:二児の父。WEB制作、ディレクションの受託をしているかたわら、ころぐの開発と運営をしています。ノビル株式会社代表取締役。 twitter:@shinichiN

コメントを残す

Required fields are marked *.