Permalink

0

雨の日に便利な子ども乗せ自転車用のカバー

はじめに

起きて雨の日には、気分も下がりますよね。

我が家では、子どもは雨でも元気ですが、親は憂鬱・・・。なんせ、雨の日の保育園の送迎という、一大仕事が待っているのですから。

a0005_000057

雨の日のスタイル

雨の日の子どもの服装は、レインコート、レインブーツを履かせ、頭にはヘルメットをかぶせています。親は傘一本を片手にもって、自転車を操縦するのが今までのスタイルでした。

ですが、問題なのが、風が少しでも強かったりすると、子どもの顔に真正面や横から雨が吹付け、私(ママ)の自転車の操縦も危うくなること・・・。

そこで、今回は雨の日にぴったりな子ども乗せ自転車用のカバーが見つかりましたので、紹介します。

オススメな子ども乗せ自転車用のカバー

それが、こちらreicomという、子供乗せ自転車専用のレインカバーを製造・販売している会社の商品です。

全貌はこのようなスタイルです。
スクリーンショット(2012-12-17 10.40.23)

取り付けが簡単で、持ち運びが可能なので急な雨のときでも使えます。また、子どもの乗り降ろしも、全面を取り外すことなく、ファスナーを開けるだけで行えるので、片手で傘を持ちながら、子どもを降ろしたりするのも可能ですね。
スクリーンショット(2012-12-17 10.39.50)

色は全部で6種類。目立つ色なので、雨の中や暗い夜でも安心ですね。写真では前方と後方の両方にカバーが付いていますが、セットで販売されているわけではなく、それぞれ単品です。

スクリーンショット(2012-12-17 10.48.26)

他にはこんな商品も

寒い冬にオススメなのが「防寒マフ」。

バギーにはあるのに、なんで自転車用のはないのか?!とreicomの代表の方が考案した商品だそうです。マフラーや手袋などをしたがらないお子さんがいる家庭には良いですね。バギーや抱っこ紐などにも使用できる点がポイント高いです!

スクリーンショット(2012-12-17 10.48.40)

こちらも色は6種類あるようです。※前方と後方座席のカバーはそれぞれ単品です。
スクリーンショット(2012-12-17 11.00.50)

さいごに

日々の移動に欠かせない自転車で、雨の日に子どもが濡れる心配をしなくてもいいことは、親にとっては安心ですよね。雨の日の対策で悩んでいる方は、参考にしてくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.