Permalink

0

赤ちゃんが嘔吐したときの水分補給のポイント

はじめに

寒くなってきて、まわりでは風邪が流行っていますね。例年12月頃から流行するノロウイルスも増えてきているようで、以下のようなニュースが報道されていました。

「ノロウイルスの患者急増 注意呼びかけ」(NHK, 2012/11/28)

ノロウイルスなどによる感染性の胃腸炎の患者が、ことしはこの5年間で最悪のペースで増えていることから、厚生労働省は、食べ物による感染を防ぐため、飲食店などに対し、手洗いや調理器具の消毒などを徹底するよう呼びかけています。

ノロウイルスについては、以前こちらを書いていますので、詳しく知りたい方は見てくださいね。
「冬の病気対策:3 「ノロウイルス」赤ちゃんと子供の予防と対策」

赤ちゃんの嘔吐

嘔吐時に大事なのは、脱水を防ぐこと!

赤ちゃんの嘔吐はノロウイルスによる感染だけではなく、通常の風邪でも嘔吐が起こります。また、赤ちゃんの嘔吐には、病的な原因以外にも、胃が未発達なために授乳後に吐いてしまう、という生理的な要因もあります。

このような嘔吐時に大事なのは脱水症状に陥らないことです。また、もしそのような症状があった場合、早めに病院へ連れていってあげることです。

今回は、病的な嘔吐の際のポイントを紹介しますが、生理的な嘔吐の際のポイントについては以下をご参考ください。
「赤ちゃんの嘔吐と対処法」ALL ABOUT

脱水の症状

赤ちゃんが元気がなく、これらに当てはまるものがあれば、病院へ行きましょう。

[初期の脱水症状]
・唇や口の中が乾く
・おしっこの量や回数が減る
・皮膚がかさついてくる
・機嫌が悪く、泣き声が弱々しくなる
・呼吸が荒くなる

[進行した脱水症状]
・ぐったりして反応が鈍くなる
・おしっこが出なくなる
・大泉門や眼球が陥没する
・けいれんを起こす
・意識がなくなり、昏睡状態に陥る

参考資料:ピジョンインフォ「赤ちゃんの水分補給」

水分補給のポイント

1. 30分-1時間は胃腸を休ませる
ウイルスによって嘔吐が起きているときは、ウイルスの作用で胃腸の働きが悪くなるため、胃腸の大きさ(消化吸収能力)が小さくなっています。そのため、少なくとも嘔吐後から30分から1時間は飲んだり食べたりせずに、胃腸を休めましょう。

脱水が気になって、どうしても水分を取らせてあげたくなりますが、我慢です。この時、無理して水分をあげてしまうと、赤ちゃんの胃腸が消化できず、また吐き出してしまうので、一旦待ちましょう。

2. 小さじ1杯ずつあげる
30分-1時間経ったところで、水分をあげます。

まずは、小さじ1杯の水分を飲ます。そして、5分様子を見てください。吐かなければ、またもう1回小さじ1杯あげます。そして、また5分様子を見ます。

大丈夫であれば、次は1さじ増やして小さじ2杯です。
小さじ2杯をあげて、5分様子を見ます。大丈夫であれば、また小さじ2杯。

これも吐かなければ、次は小さじ3杯。
このように、少しずつ量を増やして、少し時間を空けて、またあげる、ということを繰り返していきます。

※重要なのは、思い切って沢山あげてしまわないこと。あくまでも、少しずつ・ゆっくりとがポイントです。この状態で、50-100cc程度の水分をあげます。そして、1時間程度の時間をあけ、胃腸を休ませます。

嘔吐の水分補給に適した飲料

脱水時には、消化に良いとされる経口補液水がオススメです。ドラッグストアでもよく見かけますね。

大塚製薬工場 オーエスワン PET 200mLx30 (ケース) 大塚製薬工場 オーエスワン PET 200mLx30 (ケース)
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp

赤ちゃんや幼児の場合は、このくらいの小さいボトルサイズが一日で使いきれてオススメです。

嘔吐時の母乳とミルク

嘔吐の直後には、上にあげた経口補液水を取ってください。ポイントは少しずつ水分を取っていくことですので、赤ちゃんが欲しいだけ飲める母乳は嘔吐直後はNGです。1-2日は断乳するか、搾乳して哺乳瓶で少量あげてください。また、ミルクも少量ずつあげてください。

さいごに

嘔吐は通常半日程度でおさまるようです。ある程度の量が飲めるようになってきたら、離乳食(ただし、最初は消化が良いもの)や母乳・ミルクも通常通りあげて良いようです。嘔吐は赤ちゃんも保護者も大変ですが、がんばりましょうね。

もし嘔吐が続く場合は、脱水症状が強いことや他の病気の原因が考えられますので、病院で受診してくださいね。

参考資料:
小泉重田小児科 「嘔吐と下痢の応急手当」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.