Permalink

0

行ってきました TEDxKids@Chiyoda! 子どもとの関係の再構築?

2012年10月28日(土)に、 TEDxKids@Chiyoda ( てでっくすあっとちよだ ) というイベントに参加してきました。(参加しますのエントリはこちら

TEDx って?

TED というのは前回も触れた通り、世界中で開催されている世界をリードする思想家や活動家の方々をスピーカーとして招待し、彼らが今情熱を傾けている事柄についてのアイディアを分かち合うことを目的としたカンファレンスですが、今回参加してみて、主催の青木さんから話があったのですが、TEDxというのは似ているようでちょっとまた違った魅力を持つイベントのようです。

実際に参加してみて、とても刺激を受けたので以下でご紹介します。

TEDxは、世界各地でTEDよりライセンスを受けた団体により個別に運営されています。各地域のTEDxは、TED本会議の内容を指針としながら、各地域にて独自の表現を用い開催されています。

公式サイトのアバウトページ:http://tedxkidschiyoda.com/

運営はボランティアベース

運営は、ボランティアベースで行われていたようです。

人数が多くて80人ほどいらしたようです。

ボランティアの方々にはとてもお世話になりました。連れて行った子どもが参加可能年齢ギリギリの3歳で一番小さかったこともあり、カンファレンスをずっと聞いていることもできなくて、気晴らしを繰り返さないといけなかったのですが、子どもが遊べる場所が用意されていて、そこにスタッフのお兄さん・お姉さんたちがいてくれていて一緒に遊んでくれました。

立食の懇親会の時に、子どもを抱えて途方に暮れていたら奥の席に案内してくれたりもして、大変助かりました。

また、放送では手話や同時通訳をしており、色んな取り組みがノウハウ共有されてながら行われていたようです。

左が手話(初めて見ました。)。右が同時通訳の様子。

会場後方のスタッフの様子 cc TEDxKids@Chiyoda

また、そんなボランティアメンバーによる企画物もあり、どれも興味深かったです。

誰かと手を繋いでいないと前が見えないロボット。手をつなぎ続けていると写真が取れる。cc TEDxKids@Chiyoda

世界中の子どもたちに手紙を送り「好きな人と仲良くなる方法」などをアンケートして展示

僕自身もボランティアベースのイベント開催を行なっているので、以下のインタビュー記事で語られている、いかにスタッフの熱を引き出して、ボランティアベースの集団がクリエイティブにイベントを成功させるように導くのか、という視点でも、興味深かったです。

青木 がっちり管理しているわけではなくて、中心の温まり度合いをかなり意識しています。僕はポジションとかも提示しないので、関係性を構築してみんなが意見を出すようにしています。みんなでビジョンをワークショップとかでデザインしながら、どんどん自分ごとになっていくというか。自分のアイデアを出して、自分で作っていく。それを2~3か月くらい繰り返していって関係性を構築できたら、じゃあ次のステージに行きましょう、という感じ。

鈴木 そんなに時間とってるんだ。

青木 そうですね。今回のTEDxKidsはそうしていますね。だからミーティング参加率も結構すごいんですよ。40人いると50%くらいは毎回来ますね。そこは意図的に意識しました。今でも意識してて、新しい人が入って来たときもすぐに入れないんですよ。何回か入ってもらって、馴染んできたなと思ったら「どうですか」と聞くと「実はこの辺に興味があるんですよ」って言われたり、だんだん分かってくるんですよね。

「TEDxKids@Chiyoda」のつくりかた ー 青木竜太さんインタビュー前編中編後編

ワークショップ

お昼ごろからは、子どもたちを対象にしたワークショップが行われていたようです。うちの子は参加できなかったので、写真だけ。

楽しそうなワークショップの様子。4才くらいから参加できるかな? cc TEDxKids@Chiyoda

会場のレイアウトがかっこよかった

会場も薄暗くてカッコイイ、いつもネットで見ているTEDの雰囲気がありつつ、 Kids というテーマを捉えて舞台や場内に面白い工夫がしてありました。

舞台上には、大きなロッキングチェアとテーブルが置かれていて、その上で話している登壇者が子どものように見えます。

舞台上の大きなロッキングチェアとテーブル cc TEDxKids@Chiyoda

入口付近には、大きな靴。

自分が子どもになったような錯覚を覚えて、とても新鮮でした。

藤子不二雄のSF短篇に『やすらぎの館』という作品があります。大会社の社長さんたちが通う会員制のクラブの話で、そのクラブではすべての家具が大きくて子どもから見た家の中のように、とても大きく感じられるようにできています。その他にもいくつかの工夫が凝らされて会員はそこへ行くと幼児退行をすることができる・・・、という設定なのですが、それを思い出しました。

暗いところで照明があたって、後ろにでかい椅子がある、っていうのはちゃんとそういう錯覚ができるようになっていて、とても刺激的な展示だったと思いました。

会場全体の様子

オーディエンスの席は子どもたちが最前列

オーディエンスの座席は子どもたちが最前列に、地べたに座ったり小さな椅子に座ったりできるようになっていました。大人は子どもたちの背中を見ながら登壇者のプレゼンテーションを聞く形になり、ちょっと身が引き締まります。

客席の最前列は子どもたち cc TEDxKids@Chiyoda

登壇者もとても印象に残った

残念ながら一緒に行った娘が途中で飽きてしまい、全部を聞くことはできなかったのですが、刺激的なものがたくさんありました。すべてが「子ども」あるいは「何かの再構築」というテーマに貫かれていて、かついろいろな人達が出てきて面白かったです。

公式サイトのプログラムのページからどんな人達が登壇したのかを見ることができます。

大人のプレゼンテーションからは、何かを捉え直す、もう一度作ってみる、一度壊してみる、という視点を得ることができました。

「なんでもかんでも自分で修理する」ということの価値について話してくれました。吹いているのは壊れていたのを修理した楽器。cc TEDxKids@Chiyoda

子どもたちにもビックリしました。自分も頑張らなきゃという思いが一番強かったですね;)

狂言を習っている12才の少年のプレゼン。全編英語でした。あとで聞いたら、初めてのプレゼンテーションだったそうですが、信じられません。。。 cc TEDxKids@Chiyoda

こういうの聞いてみたい

講演を聞きながら、「あぁ!このイベントなら彼らがぴったりなのでは」と頭に浮かんだものがありましたので、ちょっとご提案:)

CoderDojo の取り組みについて

プログラミングを職業にしている大人が、子どもたちにプログラミングを教える道場です。アイルランドで始まった取り組みが日本でも広がっております。

元々はアイルランドではじまって欧州や米国を中心に世界88ヶ所以上と広まりつつある子供達向けの定期的なプログラミング教室のこと。合気道などの道場を思い浮かべるとイメージしやすい様子で、オープンソースの活動に似ており、非営利かつ情報公開されている

子供達がプログラミングの楽しさを学ぶ教室 CoderDojo(コーダー道場)@下北沢オープンソース Cafe

旅育

子どもと旅する、をテーマに子どもを小さいうちから国内外に連れて行くことで子ども自身や家族がどのように変わっていくのか、そのような取り組みを行なっている人たちがいるので、こういうところで話が出来ればいいだろうな、と思いました。

僕の「RE:__」はReSpect

今回のテーマは、re_____(関係性の再構築)でした。

イベントの終了間際、みなさんのRE__はなんですか?という投げかけがありました。ReDesignとかReInventとかReBuildとか、そういうみなさんそれぞれのRE__を考えてみてください、ということでした。

その場ですぐに思ったのはRespectでした。

spectというのは、視、見、観、という語根で、

  • spectacle – 光景
  • inspect – 検査
  • aspect – 側面
  • perspective 遠近法
  • retrospect – 回顧

などに使われます。

ReSpectはもう一度見る、振り返ってみる、というところから翻ってそれほど尊敬する、という意味になります。

今回、子どもたちとの触れ合い方について考える講演を見て、子どもの可能性を狭めるような接し方にいかに気をつけるのが難しいのかを考えましたし、信じてやらせてみるというのを実践していけたらいいなと思いました。

最後の方に登壇した、英語で狂言の説明を堂々とユーモラスに行った12歳の少年や、最前列で見ていた同年代女子の目を釘付けにしたタップダンサーの「世界一のタップダンサーになる」と言い放つ力強さに触れて、自分の子ども観を振り返りたいなと思いました。(イベントを実施されたみなさま、登壇者のみなさま、子どもと遊んでくれたみなさま、懇親会などでお話させていただいたみなさま、どうもありがとうございました。)

このイベントは今後も続くようですので、みなさんもウォッチして参加してみてはいかがでしょうか?

誰かと手を繋いでいないと前が見えないロボット。手をつなぎ続けていると写真が取れる。cc TEDxKids@Chiyoda

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: papa

西川伸一 年齢:32歳 仕事:二児の父。WEB制作、ディレクションの受託をしているかたわら、ころぐの開発と運営をしています。ノビル株式会社代表取締役。 twitter:@shinichiN

コメントを残す

Required fields are marked *.