Permalink

0

【初めての七五三】実践編

前回は、七五三の意味やだいたいの流れを紹介しました。今回は、初めての七五三を迎える方に向けて、当日までの準備を紹介したいと思います。参考にしてくださいね!

大きく分けて、3つあります。

1.七五三のお祝いを行う日取りを決めよう

正式には11月15日ですが、今年は木曜日。その前の土日、祝日などはとくに混みあうことが予想されますので、あえて時期をずらして10月中旬から11月前半の吉日や土日祝日に行うのも良いかと思います。

2.着物を選ぼう

11月15日近辺にお参り・写真撮影を行う場合、着物をレンタルする方は早めに祝い着を決めましょう。お客さんが集中する期間は、当然ながら良い着物も早い者勝ちの状況になります。
三、五、七歳それぞれのお祝い着は以下のような服装になります。

出典元:明治神宮、七五三Q&A

【三歳】
<女の子>
・晴れ着に帯を結ばず、袖なし襟付きの朱色の「被布」をはおる
・お宮参りの時の祝着を仕立て直す場合も多い
・リボン・花簪の髪飾りをつけてかわいらしく
・履物は畳表の甲堀(こっぽり)や金襴地張りの腰高の草履など

<男の子>
・羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚襲(かさね)にへこ帯、袖無し羽織
・鼻緒のついた平底の和装履物など
・一般的にお宮参りの「のしめ」を転用する場合が多い

 

【五歳】
・羽二重(はぶたえ)の五つ紋付熨斗目模様、また、色紋付の長着とそろいの羽織を合わせます
・下着は白羽二重の比翼仕立て
・袴は、黒・紺・茶の無地か、のし目模様のある羽織、仙台平の派手な稿柄
・畳表の草履。最近は、のし模様など華やかな色柄を選ぶ場合も。白い扇子、守り刀を身につけます

 

【七歳】
・体に合わせ、肩上げ、おはしょりや腰あげをした友禅模様の絵つけや総柄の友禅模様を用意
・丸帯をしっかりとむすび、帯締めは、綿織りなどの丸ぐけか、紅白の丸組みひもを
・草履は畳表のぼっくり(木履)か布製のもの

 

3.お参り先を決めよう

近所の神社へ参拝するのが一般的ですが、大きな神社または有名な神社へ行く方もいます。ご祈祷を行う場合は、事前に予約が必要です。

4.写真館を予約しよう

10月後半から11月前半は七五三の写真撮影で、写真スタジオも大変混みますので早めの予約が必要です。

大手の写真スタジオでは、9月から七五三の前撮りキャンペーンを行ったり、11月後半からは後撮りキャンペーンを行なっていたりします。シーズン前後のキャンペーンは、若干割安になっているところも多いので、特別時期にこだわらない方は、タイミングを外してみてもいいかもしれません。

その他には

写真撮影と参拝以外にも、家族やおじいちゃん・おばあちゃんと食事会をしてお祝いしても良いですね。子どもは初めての大イベントに緊張して、疲れてしまうかもしれませんが、本人も楽しく過ごせるように工夫してみてくださいね。

その他の七五三関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.