Permalink

0

トイザらスに行ってきた!

雨が降っていて、外に遊びにいけないのでトイザらスに行って来ました。

私達が子供の頃は、おもちゃ屋さんといえば商店街の小さなお店でしたが、今はあまり見なくなりましたね。
大きなおもちゃ屋さんというのもいいものですね。

トイザらスについて。

トイザらスはアメリカ生まれのおもちゃ屋です。

社名は、”Toys Are Us”という「オモチャといえばぼくたち私たち」という英語と、創業者のチャールズ・ラザラスさんの名前が語源だそうです。

ロゴマークもそれを反映して、”R”の文字が反転しています。
トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

日本語での表記も、「トイザらス」とらの字だけが平仮名になっていますね。
他にも、ベビーザらスという赤ちゃん用品や赤ちゃんのおもちゃ専門のお店もあるようです。

お店を探そう

公式ウェブサイトの、店舗情報のページ
iconで全国からお店を探せます。

icon
icon

インターネットでの買い物

オンラインストアもあります。
トイザらス オンラインストア

写真でご紹介

▼ お店の中では子供用のバギーを借りてウロウロします。写り込んでいるおもちゃは、ねんどのセットです。

▼ 触って遊べるコーナーもあるので、楽しく過ごせます。3時間くらいはいけますね。(親ががんばれれば(´・ω・`)

▼ 子どもの遊び場に敷く、安全用のマットも売ってました。

▼ 知育関係もたくさん揃っていました。くもんや学研のもの。その奥はサイエンスでした。

▼地球儀や天体望遠鏡など。2万円くらいするものもありました。

▼ おもちゃで使う、バストイや粘土などの人気のあるおもちゃはまとめられていました。

▼ パズルコーナー。

▼ ブロックのコーナー。1歳くらいの子どもから、3才、5才以上と色々なサイズや簡単さのものが揃っています。こういうところで一覧して見られると、子どもが大きくなるまでのラインナップが理解できてよいです。

▼ 赤ちゃんのおもちゃコーナーでは、外国のものが目立つ気がします。

▼ 国内外の積み木。アンパンマンや安全に配慮したものがありました。

▼ 簡単な楽器もありました。色々種類がありますね。。

▼ ぬいぐるみコーナーは、アンパンマンやワンワンとウータンなどのキャラクター系と、、、

▼ 大人も欲しくなるようなかわいくて大きなぬいぐるみも揃っていました。

▼ 季節関係のコーナー。今回はハローウィンでしたが、季節によってはクリスマスなどもやっているようです。

▼ ディープな世界です。リカちゃんやバービーもけっこう揃っています。

▼ こちらも思ったよりも広い世界が広がっているシルバニア。

▼ おままごと用のシステムキッチン。

▼ 大型のおもちゃ。すべり台にジャングルジム、室内のブランコ。トランポリンや三輪車もありました。

▼ パズル。

▼ エポック社の野球盤。すごい懐かしい。

▼ 懐かしの人生ゲーム。今でも流行っています。よしもと芸人のでした。

▼ベビーコーナーもあります。ベビー服もありました。が、赤ちゃん本舗などに比べると品揃えはそこそこ。(でも街のデパートよりは揃っています)

▼ バギーやオムツもありました。

▼ 右側が幼児、左側が赤ちゃんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: papa

西川伸一 年齢:32歳 仕事:二児の父。WEB制作、ディレクションの受託をしているかたわら、ころぐの開発と運営をしています。ノビル株式会社代表取締役。 twitter:@shinichiN

コメントを残す

Required fields are marked *.