Permalink

0

【敬老の日】孫からのプレゼント、手作りなど喜ばれる6つのアイディア

もうすぐ敬老の日(9月の第3月曜日)ですね。2013年の今年は 9月16日(月)です。2014年にこちらをご覧の方にとっては9月15日(月)、2015年は9月21日です。

お子さんがいる方は、今年のプレゼントはどうしよう・・・と考える時期ですね。以下の記事にもあるように、やはり孫からのプレゼントは嬉しいようです。

敬老の日に喜ばれたプレゼントランキング第3位に「孫に関するもの(孫の手作り作品、写真など)」とあります。(ALL ABOUT 「敬老の日喜ばれたプレゼントランキング」、2009/8/17記事)

そこで、今回は子どもと一緒に作れる「敬老の日」手作りプレゼントをいくつか紹介します。また、併せて難易度や費用など私の個人的な判断でランキング付けもしてみましたので、参考にしてみてください!

1.アルバム(フォトブック)を贈る

【難易度】★★★★★  【費用】★★★☆☆ 【手作り感】 ★★★★☆

写真選びが大変ですが、沢山孫の写真や入ったアルバムはとても喜ばれるはず。今から作ることを考えている方は、プリントに時間がかかりますのでお早めに!

カメラのキタムラのフォトブックサービスでは、店頭で注文して最短30分で受け取れるものや、ハードカバータイプや1ページ1画像で手軽に作れるものなど種類が豊富にありました。4日間で作れるタイプもあるようなので、今からでも間に合います。ネット注文有り。

カメラのキタムラ

フジカラープラザ楽天プリント

こちらは1週間程度かかりますが、タイトルページやカバーなどが選べて、簡単にアルバムが作れます。

2.フォトスタンドを贈る

【難易度】★☆☆☆☆ 【費用】★★★☆☆ 【手作り感】 ★★★☆☆

写真数点のみで簡単につくれます。写真だけでは質素になってしまう・・と思う方は、こどもと一緒にシールやテープなのでアレンジしてみても良いですね。

無印のアクリルフレーム。どんな写真を入れても素敵に!

無印良品アクリルフレーム(A5サイズ)

3.子どもの絵を額にいれて贈る

【難易度】★☆☆☆☆ 【費用】★★★☆☆ 【手作り感】 ★★★☆☆

子どもが主体となってできるので、1才以上のお子さんがいる方にはおすすめです。「いつもありがとう」等のメッセージを親が入れて、上の無印のフレームなどに入れて贈ると立派なプレゼントに仕上がります。

4.手作りお菓子を贈る

【難易度】★★☆☆☆ 【費用】★☆☆☆☆ 【手作り感】 ★★★★★

親と一緒にお菓子作りは、お子さんにも良い体験になります。また、おじいちゃん・おばあちゃんにプレゼントした後に、子どもがお菓子づくりの様子をお話する姿も嬉しいと思います。

5.お花を贈る

【難易度】★☆☆☆☆ 【費用】★★★★☆☆【手作り感】 ★★☆☆☆

日比谷花壇では、お花と一緒にメッセージを添えて送れます(9/14日〆切です)。
日比谷花壇「敬老の日」

6.一緒に食事に出かける

【難易度】★☆☆☆☆ 【費用】★★★★★ 【手作り感】 ☆☆☆☆☆

孫と一緒に過ごす時間は何より嬉しいと思います!ママ・パパもゆっくりできますし、子どももおじいちゃん・おばあちゃんと遊べて嬉しいはず。

企業のサービスではこのようなものもありました。参考にしてくださいね!

「敬老の日・孫の日 ヘリコプター遊覧飛行 お孫さんと一緒!キャンペーン」(名古屋空港)| 株式会社セコ・インターナショナル(PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.