Permalink

1

小さい子供と一緒に行く家族旅行(2)「必要最低限の持ち物と要らなかったもの編」


Warning: opendir(/home/nobil/www/blog-colog-jp/wp-content/plugins/Mitsurin/MitsurinCache/): failed to open dir: No such file or directory in /home/nobil/www/blog-colog-jp/wp-content/plugins/Mitsurin/Cache/Lite.php on line 612

家族旅行シリーズの第二弾です。

他の記事はこちらです。
【小さい子供と一緒に行く家族旅行(1)「準備と心構え編」

第一弾では、以下のように書きました。

移動や観光中に持ち歩く手荷物は、できるだけ手荷物は最小限しましょう。疲れにくく、また失くし物など余計な心配をすることもなくなります。

  • 現地で買えるものは現地購入にする
  • 常に携帯が必要な「手荷物」と、着替えや水着などの「大荷物」をきちんと分ける。大部分を大荷物に入れて手荷物は減らす
  • 大荷物は事前に送る

この3つをちゃんとしておくと、身軽に移動できるようになって、親が楽です。
子どもが寝てしまって抱っこをしながら、大きなリュックと手で引くスーツケースを持ってるなんて考えただけでも夫婦喧嘩になりそうですよ(笑)!

今回は、持ち物のリストについてご案内します。

photo By Digiart2001 | jason.kuffer (link)

子連れ旅行であってよかったオススメ持ち物

以下のもの以外にも、衣類やベビーフードなど必要なものはありますが、今回は旅行中に特に役立ったもの・必要となるものを紹介します。

現金

地方ではカードが使えない場所も多くあります。また、地元のスーパーなどで急遽オムツを買い足したりすることも考えられるので、現金は十分に持っていきましょう。

ビニール袋

オムツや汚れ入れに普段使いますが、旅先でも子どものお菓子を入れたり、ティッシュなどの細かいゴミを入れたり、子どものスプーン、エプロンの入れたりなどなど・・・沢山持ち運ぶと何かと便利です。我が家はこのような箱を持参して使っていました。

ハミングパック マチ付き BOXポリ袋 220P 3個パック ハミングパック マチ付き BOXポリ袋 220P 3個パック
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp

授乳カバー

いろんな所で授乳をすることになりますので、授乳ケープ(Amazonのリスト)が必須でした。

哺乳瓶・携帯用ミルク(キューブのやつ)・魔法瓶

ミルクの赤ちゃんには、キューブタイプのミルクがオススメです。一粒で40mlなので軽量も簡単だし、すぐ溶けてくれます。

「お買い得セット」 明治 ほほえみ らくらくキューブ 2箱パック 小箱付き 「お買い得セット」 明治 ほほえみ らくらくキューブ 2箱パック 小箱付き
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp

実際に作るときは、魔法瓶に入れておいたお湯(朝入れてく)と、その場で買ったお水で作ります。まずは、少なめのお湯でキューブを溶いて、水とお湯を少しずつ足していってちょうどいい温度にすると流水で冷やすなどできない場所でも大丈夫です。

ベビーカー・抱っこ紐

荷物になるので、抱っこ紐・おんぶ紐と迷う方もいるかもしれませんが、あってすごくよかったです。
子どもが寝てしまった時や荷物が沢山あるときに、ベビーカーに乗せました。

旅先の外食先で0歳時を寝かせる場所がなかったり(畳がある場所だと問題ないですが)することも多いので、迷っている方は持っていくことをおすすめします。

それと、ベビーカーにくっつけるフックは大活躍でした。

ベビーカー用 ダブルフック ブラック 2個組 ベビーカー用 ダブルフック ブラック 2個組
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:494円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

赤ちゃんがいる場合には、断然抱っこ紐でした。

タオル(スポーツタオルまたは薄手のもの)

寒いときにかけたり、汗・よだれを拭いたりするのにも使えるので、1枚持っていると便利です。すぐ洗濯できて乾くものが良いと思います。

おしりふき

紙おむつをしている子はもちろん持参しますが、食事前に子どもの手を拭いたり、ティッシュ代わりにもなったりなど、色々な場面で活躍するので、多めに持っていくと良いかと思います。

子どものお気に入りのおもちゃ・おやつ

新しい場所での生活と、長時間の移動は子どもにとっても冒険です。そんな時に、日頃お気に入りのおもちゃや毛布など安心材料があると、子どもも落ち着きを取りやすくなります。
旅行中のおやつは少し増えてしまっても、個人的にはよいと思います。

子どものお気に入りのコップとお箸

レストランやホテルなどで食事をするとき、いつも使っているアンパンマンのコップとエジソンのお箸を持って行きました。

ごきげんになってくれます。

母子手帳・保険証・(お薬手帳)・普段飲んでいる薬

旅先での風邪や怪我など万が一に備えて、必ず持っていきましょう。

スーツケース

ホテルや旅館でパカっと開けて、簡易タンスにすることができました。大きいリュックではこうは行かなかったと思います。

逆になくてよかったもの。。

以下のものは邪魔なだけでした。。。

  • おむつ。現地では必要だったんですが、あんなにかさばる物をスーツケースに入れるという愚行をおかしました。
  • 子ども用の浮き輪。海の家で借りれましたし、空気入れを借りたらそれも有料でした(´・_・`)
  • 予備のおもちゃ。あまりに多くのおもちゃを持っていったので、
  • 運動靴。ランニングしたんですけど、1回しかできなかったので微妙でした。。。
  • デジタル一眼のカメラ。意見が別れるところですがiPhoneのカメラでばっかり写真を撮って大きいカメラは使いませんでした。子ども二人で大きなカメラは取り出す余裕なかった。。

いかがでしたか?最後にもう一度ですが、子連れ旅行の持ち物の極意は「必要な物を最低限に!」です。参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

1 Comment

  1. Pingback: 小さい子供と一緒に行く家族旅行(4)子連れで上手に飛行機に乗る方法 | 家族旅行・子どもの旅行 まとめ 子連れ 旅行 遊び < ころぐの育児ブログ

コメントを残す

Required fields are marked *.