Permalink

0

ABBAの”Slipping Through My Fingers”が、子どもとの戻らない日々を歌っていて素敵

papaです。

先日、「お母さんは今日もあなたが大好き」という子育てを終えた先輩ママの言葉がYahoo!知恵袋に投稿されてて感動しました。という記事を書きました。

子育てを終えて、小さかった頃の子どもとの日々を、振り返った時の切なさを感じさせてくれる素敵な知恵袋の投稿でした。

Facebookでこの記事を紹介してくれた方のコメント欄に、嬉しい書き込みがありました。

これとまったく同じ思いで、ABBAの”Slipping Through My Fingers”を聞くと泣けちゃうんです。ここ(娘の最後のお弁当)に訳を乗せておきましたので、よかったらこれもみて泣いてくださいw
via: facebook

僕も読んでみました。

でも彼女の小学時代、中学時代は、今どれほどあがいても取り戻すことができないことを、私は知っている。どんなに切なくても、それは事実なのだからしょうがない。今できることは、大人になった彼女と私が、新しい関係を築いていくことだけだ。
via: 娘の最後のお弁当

僕も、”slipping through my fingers”という曲が好きです。30代の男では珍しいくらいのABBAファンでもあります。

歌詞の内容をサラッとご紹介すると、

「学校へ行く娘を見送りながら、娘の成長を思う。
娘の小さかった頃の大切な時間のこと、一緒にやりたかったけれどやれなかったこと、一緒に行きたかったけど行けなかった場所のことを思い出す。
彼女の心のなかがいつも少しずつ分からなくなって、離れていくことを思うとさみしいな」

というものです(こう書くとなんかそっけない)。

ABBAの曲を並べて作ったミュージカル、”Mamma Mia”にも登場する曲です。

ご参考:
(ミュージカルの)この場面で、近くに座っているアメリカ人のおばさまたちの多くが静かに涙を流されているのを目にしてきたが、歌をよく聴いてみて、その理由がよく分かった。
via:「マンマ・ミア!」の名曲 -『Slipping Through My Fingers』(私の指をすり抜けていくもの)
(このブログの記事の中に、歌詞の翻訳もありました)

子育てって、大変なことも多いですが、こうやって子どもが成長していく過程で色んな寂しさや悩みがあって、親も少しずつ変わって歳を重ねていくんだなぁ、と思います。そう思って、未来から今を見るようにして日々を一生懸命に生活していけるようにしてくれますよね。

“Slipping Through My Fingers”を収録しているアルバムです。

The Visitors The Visitors
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:534円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

ミュージカル、”Mamma Mia”のサントラです。

Mamma Mia Mamma Mia
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:1267円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: papa

西川伸一 年齢:32歳 仕事:二児の父。WEB制作、ディレクションの受託をしているかたわら、ころぐの開発と運営をしています。ノビル株式会社代表取締役。 twitter:@shinichiN

コメントを残す

Required fields are marked *.