Permalink

0

平日に夫婦で・子どもと積極的にコミュニケーションをとる方法

平日の親子、夫婦間のコミュニケーションについて、こんな記事がありました。

平日の配偶者や子どもとのコミュニケーション「不充分」が7割 – ロジクール

(対象は小学生低学年以下のお子さんがいる20-40代、683名)

調査によると、配偶者と一緒に過ごす時間は「3時間未満が49.6%」だそうで、「2時間~3時間未満(23.7%)」が最も多いようです。

(画像)記事より参照

また、子どもの成長過程を動画(映像)で記録しているかどうかの質問には、「残している」としたのは71.9%。一方で「残していないが残したい」と後回しになってしまっている人も18.9%いたそうです。

皆さんはどうですかー?

今回は、平日の帰宅が遅くなってしまう方に向けて、コミュニケーションを積極的にとる方法をいくつか紹介します。それぞれの家庭にあったコミュニケーション方法が見つかるといいですね

平日に配偶者・子どもと積極的にコミュニケーションをとる方法

ビデオ電話をする

置き手紙をする

  • 直筆は温かみを感じますね。絵などのイラストを入れて一工夫すると読んでいる方も嬉しくなります。
  • もらった側の方は必ず返事を書きましょうね。

写真付きのメールを送る

  • 写真1枚と数行の文字だけでも様子が伝わって嬉しいものです。
  • 短くても良いので、返事を出しましょうね。

交換日記をつける

保育園・幼稚園からの連絡帳、または担任の先生・子どもから聞いた「今日の出来事」を共有する

他にもおすすめの方法があれば教えてください 我が家でも試してみたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.