Permalink

0

初めてのひな祭り(初節句)のお祝い方と「うれしいひなまつり」の歌詞

もうすぐひな祭りですね!女の子を持つ親はこの日のために、雛人形どうしようかと考えたり、当日のお祝いの仕方を随分前から赤ちゃんのおじいちゃん、おばあちゃんと考えたりしますよね

今日は、そのひな祭りのお祝いの仕方について、まとめてみましたので紹介します。

初節句とは

初節句は、子どもが生まれて初めて迎える節句のこと。女の子は桃の節句(3月3日) 、男の子は端午の節句(5月5日)に盛大なお祝いをします。

ひな祭りの由来

2つの習慣が元となり、現在のひな祭りのお祝いの仕方になったとされているようです。

  • 3月3日にお祝いすることの起源は・・・
    中国の上巳の日に川で身を浄める禊ぎの習慣があり、これが平安時代に日本に伝わったとされています。後に上巳の日(3月3日)に、川に人形を流して厄災を祓う「流し雛(ながしびな)」の風習となっていきました。
  • 雛人形を飾ることの起源は・・・
    京の貴族階級の子女から始まった人形遊びが起源で、江戸時代に庶民へと伝わり、次第に3月3日に、女の子のお祝いの儀式として人形を飾るしきたりが定着していったとされています。

ひな祭りのお祝いの仕方

ひな祭りは女の子の健やかな成長と厄除けを願ってお祝いするもの。家族が集まって、雛人形と共に、赤ちゃんへの思いを形にしていきましょう

雛人形を飾ろう

様々な種類、大きさの雛人形がありますが、ご自宅で飾るスペースを考えて選びましょう。昔は、嫁入り道具として雛人形を贈ったという歴史がありますので、お嫁さんの実家から贈るのが一般的のようです。
雛人形の選び方について詳しく知りたい方は、以下のサイトを参考にしてください!
All About:ひな人形の選び方・作り方

お料理でお祝いしよう

以下のような、縁起が良いとされる食材を使ってお料理します。「はまぐりのお吸い物」「チラシ寿司」などを作る方が多いようですね。

  • はまぐり(女の子の美徳と貞節を意味する)
  • よもぎ(薬用効果があり、菱餅の緑に使われている)
  • えび(えびの赤は生命を表す)
  • はす(見通しのいい人生)
  • 豆 (健康でまめに働ける)

ひな祭りのお料理は、たくさんインターネット上に載っていますね!
赤ちゃんのために、大人のメニューから離乳食も作れるレシピがありましたので、参考にしてください。

gooベビー 「森洋子先生のおひな祭り とりわけ離乳食」
和光堂 「離乳食メニュー」

※離乳食のステップ別にも紹介しているので、離乳食の段階によっても検索できますよ。

写真を撮ろう

集まった家族とお料理の前や、雛人形の前でパシャリ!
撮った写真は、後ほどブログにアップしたり、現像しておじいちゃん、おばあちゃんに渡したりするときっと喜んでくれますね。大きくなれば、毎年の成長が見れてまた別の楽しみかたができますよ

パスワード制の育児ブログ「ころぐ」について知りたい方はこちらから。

ひなまつり定番の歌「うれしいひなまつり」

あの歌、「うれしいひなまつり」っていうのですね。知りませんでした。

子供の頃に歌って以来、親になり初節句を迎えるまで歌うこともありませんしね。毎年きちんと歌ってあげると、子どもも覚えて大人になった時にまた子どもに歌ってあげて、そんな循環を作ってあげたいですね。

「うれしいひなまつり」の作曲家と作詞家について

作曲は河村光陽さんという作曲家で、この他に「かもめの水兵さん」、「りんごのひとりごと」などの作曲をされているそうです。

作詞は、詩人・作家・童謡作詞家のサトウハチローさんです。サトウハチローさんは、「かわいいかくれんぼ」「ちいさい秋みつけた」なども作詞しています。

「うれしいひなまつり」の歌詞

歌詞は1番から4番まで(!)あります。これ、ソラで歌えたらちょっとかっこいいですよね。

1番
あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓(ふえたいこ)
今日はたのしい ひな祭り

2番
お内裏様(だいりざま)とおひな様
二人ならんですまし顔
お嫁(よめ)にいらした姉(ねえ)様に
よく似た官女(かんじょ)の 白い顔

3番
金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒(しろざけ) めされたか
あかいお顔の 右大臣(うだいじん)

4番
着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも 晴れ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り

こうしてみると、美しい歌詞ですね。

1番は、灯りや花の色、音楽。2番は顔が命のお雛様たちの姿について、3番は、金色の背景の前にともる灯が春風に揺れてその前に右大臣の赤い顔という対比が鮮やかだと思いました。最後は、主役の女の子の、お雛様と音楽と美味しい食べ物と着物が用意されて、「なによりうれしいひなまつり」と結んでいます。

女の子の特別なお祭りを、素敵に彩ってあげたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.