Permalink

0

【妊娠・出産とお金】確定申告と年末調整・医療費の控除

 

出産を迎えた年は、医療費が多くなりますよね
医療費が多くかかった年に税金を戻してもらえる制度「医療費控除」があるので、出産の翌年には忘れずに申告しましょうね!

医療費控除とは

医療費が1年間に10万円を超えた人、または所得が200万円未満で医療費が1年間に所得の5% を超えた人を対象に、税金を戻す制度。

参考:国税庁ホームページ「医療費控除の対象となる出産費用の具体例」

医療費控除に必要なもの

  • 家族全員分の医療費の領収書(交通費も含みます)
    ※医療費として含められるもの、含められないものがあるので、以下を確認してくださいね。
  • 確定申告の書類
    ※ 書類は税務省でもらえますが、ホームページからもダウンロードができます。
    ダウンロード:確定申告書、医療費の明細書
    記入例はこちら> http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2010/pdf/04.pdf
  • 源泉徴収票

申請先

  • 税務省に提出
    ※郵送も可能
  • 戻ってくる税金は、1-2カ月後に指定した口座に振り込まれます

医療費として認められるもの・認められないもの

  • 妊婦健診費
  • 分娩・入院費
    出産育児一時金、生命保険から支給された入院給付金などは医療費からは引きます 。
  • 通院交通費(自家用車で行く時のガソリン代などはNGです)
  • トラブルが起こったときのタクシー代(例:陣痛等)
  • 治療のための薬代
  • 市販の薬代(治療のための薬代であればOK。ビタミン剤などはNG)
  • 歯の治療費
  • 赤ちゃんの検診費
  • 赤ちゃんの通院のための交通費  等

詳しくは、国税庁のホームページを確認してくださいね

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.