Permalink

0

【妊娠・出産とお金】赤ちゃんの健康保険証・乳幼児医療証

赤ちゃんはよく体調を崩したり、熱が出たり、発疹が出たり・・など様々な理由で病院にかかることが多いと思います。それをサポートしてくれるのが、各自治体がおこなっている医療費助成の制度です。

今回は、産後に赤ちゃんにかかる医療費をサポートする制度を紹介します。また、助成を受けるために必要な健康保険証や乳幼児医療証についても後半に紹介していますので、参考にしてくださいね

ちなみに、地域によって若干違いますが、乳幼児医療証とはこんなものです。私が住む地域のものは、薄い色の、少し厚めのハガキサイズの紙に、以下のような内容が印刷されています。

赤ちゃんの医療費助成制度とは

赤ちゃんにかかった医療費や薬代の全額、または一部を自治体が負担してくれる制度で、健康保険に加入していることが条件となります。

対象

健康保険に加入している子ども。対象年齢は地域によります。

助成の内容

地域によって異なります。住んでいる地域のホームページを確認してくださいね。

乳幼児医療証の申請先:

乳幼児医療証があることによって、お住まいの地域の医療費助成を受けることができます。診察時に持っていない場合は、その場で全額負担し、後日払い戻しになる場合が多いです。

  • お住まいの地域の役所

乳幼児医療証の申請に必要なもの:

  • 子どもの名前の載った健康保険証
    ※健康保険証の発行については、「赤ちゃんの健康保険証」を読んでくださいね。
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 乳幼児医療証の申請書

赤ちゃんの健康保険証

出産直後に赤ちゃんの健康保険証の発行の手続きをしましょう。

健康保険証の申請先:

  • 会社員の場合>>勤め先の健康保険に加入する場合は、会社の総務部や健康保険組合に被扶養者異動届を出す
  • 自営業(国民健康保険に加入)の場合>>役所で出生届を出すときに、赤ちゃんの国民健康保険の加入も手続きする
  • 公務員の場合>>役所に出生届を提出後、早めに共済(職場)の窓口で共済組合の手続きを行う

いかがでしょうか?
パパにも協力してもらいながら、早めに申請しておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.