Permalink

0

【妊娠・出産とお金】子ども手当

昨年の10月から子ども手当の内容が変わりましたね!
今回は、改正後の内容と、妊娠中に子ども手当について確認が必要なことを紹介していきます。

ちなみに、10月以前の手当の内容から「どう変わったのか?」について知りたい方は、こちらの記事が参考になります。

読売新聞:「子ども手当、10月からどう変わった?」(2011/10/6記事)

子ども手当とは

15歳以下(中学3年生の3月まで)の子供を扶養する保護者等に対し手当(金銭)を支給する制度。2011年10月からは、以下の支給額となっている。

・0歳から3歳未満(3歳の誕生月まで)・・・月額1万5000円
・3歳の誕生月の翌月から小学校を卒業するまでの第1子と第2子・・・月額1万円
・3歳の誕生月の翌月から小学校を卒業するまでの第3子以降・・・月額1万5000円
・中学1年生から3年生の3月まで・・・・・・月額1万円

子ども手当の申請方法

申請先:

  • 住んでいる市区町村の役所の窓口へ
  • 公務員の方は、共済窓口(職場)へ

申請時期:

  • 出産後。出生届を出すときに、同時に提出するのがおすすめです。
    ※子ども手当は、申請した翌月からしかもらえないので、早めに提出しましょう!

ただし、月末に出産した場合は、産後15日以内に申請し、認定されれば、手続きをした月も支給対象となる特例があります。窓口に問い合わせて、「15日特例」の適応が可能が聞いてみてくださいね。

申請内容:

地域によって異なる場合があるので、事前に請求書を入手して、内容を確認してくださいね。一般的には、以下です。
※資料は、自治体のホームページや、窓口で入手できます

  • 申請者名義の預金口座番号
  • 申請者の健康保険証 (配偶者や子どもの保険証は適応できません)
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 母子健康手帳
  • 子ども手当認定請求書

また、請求者が以下の場合は、それぞれ提出する書類が追加されます。

  • 厚生年金等加入の方>>年金加入証明書(自治体ホームページや窓口で入手できます)
  • 外国籍の方>>外国人登録証
  • 子どもと別々に暮らしている方>>監護事実の同意書( 自治体ホームページや窓口で入手できます)

支給時期:

  • 6月、10月、翌年2月(年3回)
  • 支給月には、前月分までの4か月分がまとめて支給されます。
    (例)7月末出産し、「 15日特例」の対応可能だった場合。最初の支給は以下のようになります。
    支給対象時期:8月、9月(2ヶ月分)
    支給金額:3万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.