Permalink

1

【妊娠・出産とお金】出産育児一時金

妊娠は病気ではないけど、分娩・入院するにはお金が必要です。出産育児一時金は、出産時に必要なお金を支援してくれる制度です。健康保険に加入している人であれば、誰にでも支給してくれます

出産育児一時金とは

健康保険の加入者、または被扶養者で、出産した人、または妊娠4ヶ月(85日)以上で流産・死産した人がもらえるお金。平成21年10月からその額は、42万円になっています。

参照元:厚生労働相ホームページ

申請先について

加入している健康保険によって、申請先が異なります。

  • 会社員や公務員で仕事を継続する人 >>健康保険(共済組合)
  • 自営業やパート、専業主婦の人 >>国民健康保険、またはパパの勤め先の健康保険
  • 仕事を退職した人 >>退職前の健康保険、パパの健康保険の被扶養者になる、または国民健康保険
    ※仕事を退職した人は、退職後にどの健康保険に加入するかによって、申請先が 変わります。

一時金が支払われる方法

産院や健康保険によって、対応している支払い方法が異なるので、事前に確認してくださいね。
また、いずれの方法も出産前に確認し、記入内容など確認しておきましょう!(産院が記入するところもあるので)

  • 直接支払制度
    産院が健康保険に出産育児一時金を申請し、健康保険から産院にお金が支払われます。ママは、退院時に42万以上となった場合の、出産・入院費用の差額を精算します。
  • 受取代理制度
    出産予定日2ヶ月前以内になったら、ママは健康保険に受取代理申請書を提出。健康保険から産院にお金が支払われます。ママは、退院時に42万以上となった場合の、出産・入院費用の差額を精算します。
  • 産後申請方式
    ママは、退院時に産院の窓口で出産・入院費用の全額を支払う。産後、出産育児一時金申請書に出産費の領収書をつけて、健康保険に提出。健康保険からママに出産育児一時金のお金が支払われます。

出産・入院費っていくらかかるの?

入院日数や、地域の格差はあると思いますが、出産費用ガイドのサイトにおおよその費用が紹介されていました。

大学病院:35万円前後
総合病院:35~40万円
個人病院:40~100万円
助産院:30~35万円
自宅出産:30~35万円

まとまったお金を急に準備するのは大変ですので、前もって確認しておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

1 Comment

  1. Pingback: 妊娠したらすぐ決めよう、産院の選びかた | 妊娠がわかったら マタニティ 出産 妊娠 < ころぐの育児ブログ

コメントを残す

Required fields are marked *.