Permalink

1

子どもにかかる保育園から大学までの教育費を計算できるサイト「日本の教育費」

子育てで気になるテーマ「教育費」
いったい全部でいくらかかるの?と疑問に思いつつも、なかなか調べるまでには至ってない。

そんな方に、就学前〜大学までの進学体制(私立または公立、大学については文系・理系・医学部など)を選択すると、すぐ教育費の総額を計算してくれるサービスがありました。

よくわかる日本の教育費

こうやって選ぶ

ちなみに、、、

  • すべて国公立で約800万円
  • すべて私立で約2500万円

うーん、高いっ

もちろん、先の話は分かりませんが、「我が子の場合は?」と気になった方は、すぐ総額が出るので試してみてはどうでしょうか?

あと、塾の費用とかはどうも計算してないみたいなので、これだけじゃ済まない気もします

追記:「日本の教育費」の作者の方から、

「ちなみに塾や習い事も含めた平均額になってますよ。公立小中高でも金額がそれなりなのはこのためです。」

と教えていただきました!

計算のもとになってる一覧表

教育費について考えるための第一歩として、よさそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: papa

西川伸一 年齢:32歳 仕事:二児の父。WEB制作、ディレクションの受託をしているかたわら、ころぐの開発と運営をしています。ノビル株式会社代表取締役。 twitter:@shinichiN

1 Comment

  1. Pingback: 経済的独立を教育費と少子化問題から考える 人生設計の基礎知識

コメントを残す

Required fields are marked *.