Permalink

0

妊娠後期(出産直前):お産が近づいてきたらやることリスト

いよいよ、妊娠期間も残りわずかになってきました。

お腹も大きくなって、周りから見ても立派な「妊婦さん」
「出産の痛みってどのくらいなんだろう」、「ちゃんと赤ちゃんのお世話ができるかな」など心配事が増えてきますよね。

妊娠後期は、適度な運動をしながら、腰痛・便秘などのマイナートラブルと向き合いながら、出産まで心穏やかなに日々を過ごしましょう。

入院準備をおこなう

産院から指示のあった、入院中に必要なものを準備して、いつお産のサインが来ても大丈夫なようにバック1つにまとめておきましょう。退院時の赤ちゃんの衣類、自分の洋服も忘れずに!

入院時に来ていた服が、お腹のポッコリがなくなるので、ズボンよりは、スカートにレギンズという姿がおすすめです。(赤ちゃんが入って伸びたお腹の皮膚は、退院時までには直らないですが、少しずつ元の姿になっていきますよ。)

入院中のことを夫婦で確認する

初産の方は、通常5日間ほど、の入院期間になります。その間の家のことについて、旦那さんと事前に話し合っておきましょう。

お子さんがいる方は、食事作りや保育園・幼稚園の送迎などについても確認しておきましょう。

お産のときの病院までの移動方法を確認する

病院の電話番号、病院にくるよう指示されたときの移動手段をメモし、冷蔵庫など分かるところに貼っておきましょう。

下記のような、タクシーもあるみたいですよ!

陣痛用のタクシーが登場!(キッズ専用タクシーも)

陣痛時、安全に病院へ送り届ける「陣痛タクシー」が全国に広まる – NAVER まとめ

退院後のベビー用品を準備する

退院から外出ができる約1ヶ月間に最低限必要なものは買っておきましょう。

  • 衣類
  • おむつ(布おむつ、または紙おむつ)
  • おしりふき
  • 寝具
  • 哺乳瓶 & 乳首 ※母乳だけで大丈夫な方もいますが、母乳が出ない場合はミルクも一緒に飲むことになります。出産後に買いに行ってくれる人がいる場合は、すぐ調達できますが、念のため1本買っておいても良いと思います。
  • ベビーバス
  • 石けん
  • 赤ちゃん用綿棒 ※鼻・耳・おへその掃除に使います
  • ベビーオイル ※肌がかさついたときに使います
  • ガーゼハンカチ ※入浴、授乳、顔拭きなど色々な用途に使います
  • 赤ちゃん用爪切り

お産のイメージをインプットする

本や雑誌などで、出産のイメージトレーニングをすると良いと思います。出産に立ち会う予定の旦那さんであれば、夫婦で一緒にできるいいですね!また、事前にお産の進み方も知っておきたいです。本番の分娩では、そんなことを考えている余裕はないですが

 

その他:妊娠が分かったらやることリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.