Permalink

0

【2013年版】冬の病気対策:3 「ノロウイルス」赤ちゃんと子供の予防と対策

はじめに

冬に流行する病気シリーズ、第3弾の今日は「ノロウイルス」です。今年は例年以上に流行しているようですので、要注意ですね。毎年12月頃が流行のピークとなるようです。

感染性胃腸炎のノロウイルスが今冬、流行の兆しを見せている。既に2002年以降では06年に次ぐ患者数の多さ。毎年12月がピークで、厚生労働省や国立感染症研究所は、手洗いや料理の際の十分な加熱を呼び掛けている。

「ノロウイルス、流行の兆し 12月がピーク―手洗い、加熱調理を・感染研」(2012/12/3,ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

ノロウイルス(ノロウイルス胃腸炎)とは?

  • 感染経路は口を通しておこる経口感染
  • 強い感染力をもつ
  • 突然の嘔吐で始まることが多い

流行時期

  • 冬季(11〜3月頃)

症状

  • 突然の嘔吐で始まることが多い
  • 嘔吐・下痢をともなう
  • 38-39℃の熱を出すこともある
  • 症状は、1-2日でおさまることが多いが、その後1週間くらいは便からウイルスが排出されるのでイレや排泄物処理のあとはしっかり手洗いをする

※「ノロウイルス」感染後に気をつけたいのが、脱水症状。
「唇が乾いている」、「ぐったりして元気がない」、「おしっこが少ない」などの症状があるときは病院の受診が必要です。脱水症状について、詳しくは以下も参照してみてください。
赤ちゃんと子供の病気大百科「赤ちゃんと子供の脱水症の症状は?」

また、嘔吐のときの水分補給のポイントについてはこちらをご覧ください。
ころぐブログ「赤ちゃんが嘔吐したときの水分補給のポイント」

予防方法

  • よく手を洗う、うがいする
  • 特にカキなどの二枚貝を食べるときは十分に加熱する
  • 食器・調理道具の加熱消毒する

さいごに

心配な点があったりする場合は、小児科へ相談してくださいね。また、「ノロウイルス」の詳しい症状・兆候などは以下のサイトも見てくださいね。

参照元:

赤ちゃんと子供の病気第百科「ノロウイルス胃腸炎 どんな病気?症状は?」
ノロウイルスの感染予防と基礎知識

厚生労働省のノロウイルス特集ページです。

http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

その他の冬の病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.