Permalink

1

マタニティマークと「赤ちゃんが乗っています(Baby in Car)」マークにはもう一つの意味があった!

マタニティマーク。

2006年から厚生労働省により統一されたこのデザインが全国で採用されていて、母子手帳の配布時にもらえます。

マタニティマークの意味をちゃんと調べて見ました。

まずは、「1、妊娠初期時のお腹がまだ目立たない時期に周りの人へ席を譲ってもらうなど配慮してもらうため

妊婦になって初めて分かる、電車で立っていることの辛さですが、個人差があったりしてなかなか難しいものですよね。

もう一つの意味は、「2、万が一、事故に巻き込まれたり、急病で倒れたりしたとき、妊娠特有の処置や病院選びを行うことができるように」、というもの。

マタニティマークをよく読むと、『おなかに赤ちゃんがいます』と書いてありますが、これはおなかの赤ちゃんを守って下さいという意味でもあるのですね。

妊娠した皆さん、電車で付けても特別譲ってもらえるわけでもないし、なんだか恥ずかしい。。と思わずに、お腹の赤ちゃんを守るためにも付けてくださいね!

Baby in Car

ちなみに、これと同じ理由で作られたのが、車のシールでよく見かける『赤ちゃんが乗っています』マーク。


http://napolex.wholesale-cart.com/product/search/detail/index/pm/41313
海外で、車の事故時に後部座席に乗っていた赤ちゃんにレスキュー隊が気づかず、救助できなかったことを教訓にシールが生まれたそうです。

あと、こんな画像を見つけました。

http://ameblo.jp/degiconainet/entry-10484889196.html#main

お、、、おもしろい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

1 Comment

  1. Pingback: ころぐ通信0003 機能追加/「ころぐのブログ」アクセスランキング | ころぐ・パスワード制の育児ブログを書こう!

コメントを残す

Required fields are marked *.