Permalink

0

オーストラリアの子どもたち数千人が、草間彌生の企画で作った水玉アート

オーストラリア・クイーンズランド州の美術館を訪れた子どもたち数千人に数千枚の様々な色のステッカーを渡し、真っ白な部屋に貼ってもらったところ・・・

こんな素敵なアートに大変身!

 子どもの身長辺りに沢山貼られてるのが印象的ですね。

ちなみに、これを企画したのは日本人のアーティスト、草間彌生さん(Yayoi Kusama)は、水玉をモチーフにした作品が象徴。日本でも、個展が4月8日まで国立国際美術館(大阪)で開催されているようなので、興味がある人は行ってみては?

http://www.asahi.com/kusama/

参照元:
“This is What Happens When You Give Thousands of Stickers to Thousands of Kids”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.