Permalink

0

赤ちゃんのエコー写真保存の3つの方法。スキャン・アルバムなどのメリットとデメリットを比較

妊娠期間の貴重な記録!なのに、感熱紙は消えてしまう。。

妊娠期間の一つの楽しみであるエコー写真は、生まれてくる前の貴重な記録です

どこの病院でも何回かの検診でくれるもので、最近は、超音波検査で撮影された赤ちゃんの動画をDVDに録画し、渡してくれる病院もあるそうですよ。

最も多いエコー写真の形態は感熱紙・・・時間が経つと色が薄くなり、やがて消えてしまうって知っていましたか?

エコー写真の3つの保存方法

そこで今回は、妊娠の記憶と画像が鮮明なうちに、写真を保存する方法を3つご紹介します。

1.写真屋さんでプリントする

1つめは、町のプリント屋さんでセルフサービスでスキャン⇨プリントする方法です。
スキャナと印刷機が一緒になったものが置いてあり、L版印刷で、スキャン50円/プリント100円くらいです。

検診の帰りに立ち寄って印刷するといいかもしれません。まずは近所の写真屋さんに装置があるかどうかを確認してみましょう。

メリット

  • 自分さえ動けばすぐできる。
  • 安い(18回でも2700円)

デメリット

  • でかけないと出来ない
  • データがもらえない場合がある

2.家でやる

2つ目は自宅のスキャナでスキャンするという素直な方法です。

メリット

  • お金がかからない
  • デジタルデータができる
  • パソコンとスキャナがあれば、デジタルデータで保存

デメリット

  • 結局紙の写真にはならない

スキャナがなくても、家にあるデジタルカメラで撮影することができます。

  • 光の反射を防ぐ
  • 手ぶれをなくす

という2点に気をつければ、意外に綺麗に撮ることができます。

携帯のカメラも、デジカメなみの画素数がありますから、大丈夫です。

(デジタルデータになったら、ぜひパスワード制の家族用育児ブログサービス「ころぐ」にアップしてくださいね
ころぐ

3.妊娠時専用のサービスにお願いする

3つめは、本格的。専用の業者さんがあるようです。

メリット

  • きれいなアルバムが出来上がる
  • 丈夫で長持ち

デメリット

  • お金がかかる。2500円くらいから

いかがでしたか?

他にも方法がありましたら、教えて下さいね

エコー写真を見ると、性別が分かったときのことなど、を思い出す

生まれてきてしまうと、だんだん忘れてしまうものですが、赤ちゃんを待っている時の興奮は、今でもエコー写真を見ると思い出します。男の子だと分かったとき、女の子だと推測された時のことも、よく覚えていますし、そうそう、この写真のこの辺りにね〜、などと夫婦で話したりもします。

その他エコー写真関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ころぐをどうぞ!

Author: mama

名前:Mariko Nishikawa 仕事:PR会社に勤務で現在二人目の子どもの育休期間を終えて、2013年4月頃から職場に復帰復帰しました!

コメントを残す

Required fields are marked *.